加齢臭 原因

加齢臭の原因は生活習慣?

加齢臭,原因

加齢臭の原因となるのは、その原因物質、ノネナールの発生ですが、生活習慣が加齢臭の原因になっていることを意識している人は少ないかもしれません。食事や煙草、お酒、運動不足、ストレス・・・これらの影響は、生活習慣病を生むにとどまらず、身体の様々な部位に影響を及ぼします。不摂生な生活を続けていると、皮脂線にも脂肪分が増え、そのことによって、加齢臭の原因となる、ノネナールの分泌量も多くなります。

 

また、ストレスの多い生活も、加齢臭の原因となります。ストレスを感じていると、活性酵素が体内に大量に発生します。加齢臭には、活性酵素の量も大きく影響していると言われます。

 

日頃の食生活によっても、加齢臭の強さに差がでます。低脂肪・高繊維質・植物性食品など、和食中心だった日本人は、体臭が少ないと、言われてきました。しかし、最近の食の欧米化によって、日本人も高たんぱく・高脂肪な食事が増え、動物性脂肪が蓄積するようになりました。それが、加齢臭の原因のひとつとなっています。

 

加齢臭が強くなってきたと感じたら、一度自分の生活習慣を振り返ってみて下さい。生活習慣病に結び付くような暮らしをしていると、加齢臭も強くなってしまいますよ。